リウマチ 原因 食事

リウマチの原因は食事?/食べて良いもの、悪いものがある?

スポンサーリンク

リウマチになると骨や筋肉などが痛みますのでとても辛い病気となります。
正確には関節リウマチと言います。
管理人の面識のある方でも関節リウマチを発症し苦しんでいる方がいらっしゃいます。
少しでも力になれたらとこのサイトを立ち上げさせていただきました。
当サイトでは基本的なことから詳しい症状や対処方法などについてもまとめています。
別ページでも色々とお話させていただきます。
まずは原因について紹介していきましょう。

 

 

【リウマチとは…】
簡単に説明すると自分の持っている免疫機能が自分自身をウイルスや細菌と勘違いしてしまうことによって関節に腫れや痛みなどが生じる病気です。

 

「免疫機能って?」
例えば風邪を発症した場合に発熱が起こります。
これは免疫機能によって体温を上げてウイルスを排除しようとする自己防衛で起こります。
体の中に侵入してきたウイルスや細菌などを排除する仕組みです。
これに違いのがアレルギーで免疫機能が本来身体に害のないものを排除しようとするのがアレルギーです。
ただしアレルギーとは区別し、別の病気だと考えられています。

 

リウマチになると免疫機能に異常が起こり、自分の細胞を排除しようとしてしまいます。
そのため、炎症や腫れ、痛みが起こります。
男性よりも女性の方が発症しやすく、30代〜50代で発症することが多く、60歳をすぎても発症することがあります。

スポンサーリンク

【原因】
率直に言うと詳しい原因というのはわかっていないのが現状です。
ここからは推測となりますが、出産、喫煙、感染症、ストレス、過労などが原因となっていると言われています。

 

「食事が原因となることがある?」
上述したように詳しい原因は解明されていませんが、魚、オリーブオイル、果物類ビタミンC、緑黄色野菜を多く食べていると発症しやすいと言われています。
これらの食べ物には抗酸化作用が多く含まれていますので免疫反応に異常が起こると言われています。※あくまでも考えられているにとどまります)

 

「ではリウマチに良い食べ物は?」
リウマチを発症している場合には食事制限がかかることはありません。
ただし痛みや炎症が起こっている場合には体力が消耗しますので高たんぱく、高カロリーなものを食べてエネルギーを摂取しましょう。
また、痛みを緩和させるのはビタミンなどの抗酸化物質が手助けをしてくれると言われています。
大豆、野菜、発酵食品、玄米などに多く含まれています。
生姜、にんにくなどは炎症を悪化させる物質の分泌を抑制してくれる手助けをしてくれます。
基本的にはバランスの良い食事を摂りましょう。
ここでの注意点は肥満にならないことです。
肥満になってしまうと関節に負担がかかりますので食事制限はありませんが肥満にならないように注意しましょう。

 

【まとめ】
リウマチを発症すると手が動かしにくくなったり、関節の痛みが起こります。
詳しい原因は解明されていませんが、少しでも食事で出来ることはあるかもしれません。
また、詳しい症状の対処方法、リハビリ、治療などさまざまな情報を上げていきますので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク