リウマチ因子 高い 原因

リウマチ因子が高い、この原因は何か?

スポンサーリンク

リウマチ因子というのは、関節リウマチ、膠原病などの病気を持っている方に見られる自己抗体の事をいいます。関節リウマチの患者さんを検査すると、8割という数の患者さんの因子が高くなっているという事がわかります。ただ、すべての患者さんの因子が向上しているという事ではないので、決定診断ではなく病気の手掛かりとして利用する数値です。この数値が高い原因は何か、学ぶことが必要です。

 

【リウマチ因子と何か】
皮膚や関節、筋肉などに炎症を起こすのがリウマチという病気です。リウマチの中でも関節リウマチなど診断を行う際、リウマチ因子の数値を確認します。これは診断の際に原因を探るという事でも必要な検査です。関節リウマチ、膠原病などの病気は自己免疫疾患であり、この因子は蛋白質の一種で関節リウマチを患う患者さんの8割が陽性で、2割が陰性といわれています。この因子が陰性という事になっても、リウマチの患者さんがいるという事はリウマチを否定する要素にはなりません。しかし、リウマチを患っているのかもしれないという可能性を探る時、有効的な数値となるのです。

 

この因子が高い場合、リウマチの症状が悪化しやすい、進行が早くなりやすいといわれています。つまり、関節の破壊、この進行が早いという事です。しかしリウマチ因子が高い原因についてははっきりとわかっているという事ではなく、現在のこの原因を探る研究がおこなわれています。

スポンサーリンク

【リウマチ因子が高いという原因は分からなくても指標にはできる】
因子が高いという原因がわからない状態でも、その他の検査と組み合わせて考えることで、リウマチかどうかの診断ができます。検査にはCRP「C反応性タンパク」の検査、抗CCP、抗核抗体、赤血球沈降速度、レントゲンなどがあり、これに加えてチ因子の数値を確認し、病気を確認します。

 

リウマチ因子が高い病気は、関節リウマチ義合いにもあり、例えば全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎なども考えられます。診断材料としてこうした数値、検査を行う事で、どのような病気によって症状が出ているのかを掴みます。この因子はその判断材料となるもので、関節リウマチの診断で利用されます。

 

リウマチ因子については診断の際に大きな手掛かりとなるもので、その先の治療方針を決めていく際に、医療関係者にとって欠かす事の出来ない数値です。リウマチ因子が高い原因を掴むことは、この先、治療していく患者さんにも大切なこととなります。

スポンサーリンク