リウマチ 微熱 続く 原因

リウマチで微熱が続く原因とは?

スポンサーリンク

リウマチで症状が出ている時、微熱が続くという事もあります。辛い痛み、進行していくことで関節の可動域が狭くなるなど、不安要素の多い病気です。熱が続くとなるとその原因などもしっかり把握しておきたいと考える方も多いでしょう。

 

【リウマチで微熱が出るという事もある】
リウマチという病気は女性に多く特に40代以降の中高年層に多い病気といわれています。自己免疫疾患という事がわかっていますが、どうして自己免疫システムがおかしくなり自分を攻撃するようになるのかなど、原因はわかっていません。

 

いきなり症状が出てくるという事もありますし、関節が痛くて微熱があるという状態なので風邪?と思う方も多いようです。この病気の代表的な症状に、熱、食欲減退、強烈な倦怠感、さらに腫れ、関節の痛みなどがあります。こうした症状が別の病気を連想させることもあり、リウマチと診断を受けてしっかり治療することが大切なのです。

スポンサーリンク

【微熱が続く原因とは?】
なぜこの病気になって熱が続くのか、その原因はリウマチ熱と呼ばれるもので、溶連菌が原因となって感染によって微熱になっていることが考えられます。炎症によって熱が出るという事もありますが、熱が続くという場合の原因の多くが、溶連菌の感染です。

 

関節リウマチとは違い、溶連菌の感染によっておこる症状で、微熱が継続している場合、この溶連菌の感染が疑われます。関節リウマチとは違うものなので、熱が続く時には医師にしっかりと熱が継続していることを伝えましょう。

 

リウマチは様々な症状があり微熱が続くという事もあります。こうした症状の原因は何か、それを理解しておくだけでも、この病気に対する不安要素を少しでもなくくことになるかもしれません。微熱が継続する時には医師にしっかりその症状を伝え、病気の原因となるものが存在するのか、調べていくことが必要です。痛みについてまた熱などの症状について理解を深めておくことも必要です。

スポンサーリンク