リウマチ うつる 原因

リウマチはうつる?そういわれる原因とは

スポンサーリンク

昔この病気の原因がはっきりと自己免疫システムの暴走とわかっていないころには、リウマチはうつるなどといわれたものです。現在うつるという事がいわれる原因は自己免疫システムが暴走する理由の一つに、ウイルス感染があるという事で、リウマチがうつるといわれるようになったのではないか?と考えられます。

 

【リウマチがうつる?という事が現代言われている原因】
昔様々な病気が感染といわれ、感染性のない病気なのに長い期間隔離されひどい思いを経験したという人も少なくありません。病気以外、原爆が投下された時には、原爆で起る症状がうつるといわれ阻害されたという話もあります。しかし色々な病気の研究が進み、感染といわれていた病気の中でも全くその心配がない病気もあるという事がわかってきています。

 

リウマチがうつるといわれるのはなぜなのかというと、溶連菌などのウイルスによってリウマチになる事があるからです。リウマチの発症リスクにウイルスが関連しているといわれていることでこの病気がうつると勘違いされているのです。

スポンサーリンク

【マイコプラズマ、溶連菌が原因で症状を」起こすこともある】
この病気については溶連菌、マイコプラズマなどのウイルスが原因して発症する事があるという事がわかってきています。肺炎などを起こすウイルスとして知られている一般的な菌ですが、このウイルスが原因となってリウマチを起こしているという場合には、抗生物質を利用して治療するなどが行われています。

 

ただこの病気についてはウイルスが関係して発症するものがあるとしても、その他に複雑な要素が関わりあっているため、治療は非常に困難です。

 

しかしよい痛み止めなどのお薬が作られており、対症療法がうまくいき、症状が緩和するという方も多くなっていますので、しっかりと継続的に治療することがのぞまれます。

 

病気について何もわかっていないと勝手に病気がうつると考える人がいます。今でこそ移る事がないとわかっている病気でも昔はうつるとして病気によっては隔離されたこともあったのです。リウマチについても感染するといわれていることがありますが、これはウイルスによるものが原因の一つと考えられているせいで、リウマチそのものの病気が感染するという事はありません。

スポンサーリンク