リウマチ 薬 蕁麻疹

リウマチの薬の副作用「蕁麻疹」

スポンサーリンク

リウマチには痛み止め、また関節の破壊を進行させないように、抑制するお薬など、さまざまなものが利用されています。注射なども痛み止めのコントロールに利用されますが、リウマチの薬の副作用には蕁麻疹などもあるといわれえています。こうした副作用についても理解しておくべき出粗油。

 

【リウマチに利用する薬で蕁麻疹が出る?】
リウマチは痛みや進行を緩やかにするため、色々なお薬が利用されます。注射を利用する事もありますし、服用するという事もありますが、蕁麻疹などの副作用があるという事が報告されています。ただ病院で医師が処方したものもそうですが、市販されている商品でも副作用として蕁麻疹などが出ることもあるので、どのような症状になるのか、どの位の期間でこうした症状が出てくるのか理解しておく方がいいでしょう。

 

【薬を飲んでどのくらいから出てくる?】
発疹はどのくらいで出てくるのか、人によって違いがありますが、一般的にこの発疹などが副作用として出てくる場合、その物質に対する免疫が働くことで出てくることが考えられるので、通常1週間から2週間程度といわれています。しかし、薬剤性過敏症症候群などの場合、服用から1ヶ月、1年後などに初めて症状が出るという事もあるので、一概にどの位で出るものが副作用だと言い切れない部分もあります。

スポンサーリンク

【蕁麻疹などの副作用が疑われる場合バッチテストなどを行う事がある】
リウマチのお薬はかなり強いものが利用されることも多いので、こうした副作用的な症状、蕁麻疹などは比較的出やすいといわれています。しかしこの病気の痛みなど、辛い症状にプラスしてかゆみなどが出るのは避けたいことなので、医師は副作用が出ないものに交換を考えます。

 

この時、パッチテストなどと呼ばれるテストを行い、アレルギー反応が出るかどうかを確認することもあります。リウマチは痛みなどの緩和のためにお薬を飲むことが必須です。そのため、自分に合ったものを利用するという事が最も重要になります。蕁麻疹などの副作用があるようなら、医師にしっかりと相談し自分にあった物を利用出来るようにしていきましょう。

 

どのような薬でも全くリスクがないというものは少ないと思いますが、リウマチで利用する者の中にも、蕁麻疹などの副作用を起こすものがあります。どの程度の副作用なのか、どの位継続するのか副作用の蕁麻疹についても、リウマチの知識として持っておく方が安心でしょう。

スポンサーリンク