リウマチ 手首 腫れ 対処

リウマチによる手首の腫れ、対処法について

スポンサーリンク

リウマチは、人間の体を作っている元となる、細胞と細胞の間にある結合組織と呼ばれる部分や、血管などに炎症が起こることにより起こる病気です。手首などの関節に腫れがみられることが多いです。手首などの腫れの対処法などについてご説明いたします。

 

【リウマチとは】
リウマチは関節に起こることが多い病気です。滑膜という、関節をくるんでいる部位が炎症することによってリウマチは起こります。全身で起こりますが、なかでも特に手首や足など、小さな関節に多くみられます。手や足の指がこわばったり、手首が腫れて曲げにくくなることによって気づく方が多いです。腫れなどのため、物がつかみにくくなったり、細かい作業ができなくなったり、痛みのため、歩きにくくなることが主な症状です。

 

【重度の場合】
炎症がひどいと、関節が変形をして曲がった状態のまま戻らなくなったり、場所によっては、骨がずれることもあります。外反母趾のような腫れが起こることもあります。首などのリウマチだと、しびれが起こることもあります。関節が変形をしてしまうと、かなり強い痛みを伴います。

スポンサーリンク

【リウマチの治療】
起こる原因は、現在はっきりと解明されていません。そのため、根本的な治療は行うことができません。治療では、腫れなどの症状を緩和する対処法を行うこと、変形を防ぐこと、骨粗鬆症や貧血など、リウマチによってひきおこされる病気の対処法、予防することなどがあります。

 

【リウマチの対処法】
対処法には、薬物療法と手術があります。薬物治療では、進行を止める薬を使用することで、手首などの変形などを防ぐ効果があります。また同時に、手首などの関節の炎症を抑える薬、そして、痛みを緩和をする薬と同時に服用することが主な対処法となっています。
手術の場合は、人工関節を入れる方法、腫れている滑膜を切除する方法、関節を固定することで対処する方法などが挙げられます。

 

手首などのリウマチの治療は、薬物治療も手術も、早い時期に行うことによって、治療後の回復がすみやかになります。早めに専門のクリニックで診てもらうことがおすすめです。

 

スポンサーリンク