リウマチと遺伝の可能性とその確率

リウマチと遺伝の可能性とその確率

スポンサーリンク

 

リウマチという症状による悩みを抱えている人は世の中にたくさんいます。
その中には遺伝を疑う方もいますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

 

【親子で発症する確率とは】

 

日本では特に女性に多いと言われるのがリウマチです。
その患者さんの数はおよそ70万人ほどいるとされています。
一旦かかってしまうと、そのひどい痛みによって日常生活もままならなくなるなど大きな影響が出てきます。
そのため、誰しも避けたいものですが、このリウマチが遺伝によって発症するという話もあります。
果たしてその真相はどうなのでしょうか。
そして、遺伝によってなる可能性があるならば、その確率はどの程度なのでしょうか。

 

 

【親から子へと伝える影響は少ないと言われる】

 

リウマチは親から子供へと伝わるというように考えている方もたくさんいます。
そうなると確率が気になるものです。
たしかに世の中にある様々な疾患の中には遺伝が大きく影響しているものもあります。
しかしながら、この症状に限って言えば、その例は非常に少ないと言われています。
つまり、リウマチが遺伝の影響を受ける可能性というのは確率論以前の話と言えます。

 

スポンサーリンク

 

【なぜ遺伝の話が出てきたのか】

 

リウマチは遺伝するという認識を持っている方も多いのですが、その確率は非常に低いと言われています。
たしかに親御さんも同じ症状で悩み、そのお子さんも同じように悩むというケースは全体の中で見れば存在するものです。
しかし、それは確率論というよりも、偶然に近い、つまりはたまたまという意見が多いのです。

 

 

【ただし遺伝の影響も捨てきれない】

 

ここまで遺伝の可能性は少ないと言いましたが、じつは確率で言えばおよそ5パーセントが親子でリウマチを発症しています。
そのため、少ないとはいえ、この数字をどうとらえるかです。
リウマチの両親を持つ中で生まれた人は、20人に1人がリウマチを発症していますので、多いと取る方もいるはずです。

 

 

必ずしも親子で同じ症状に悩まされるということはなく、確率としては5パーセント程度と言われています。
そのため、これを多いととるか少ないと取るかは個人の見解によるところも大きいはずです。

 

スポンサーリンク