リウマチ 仕事 続ける

リウマチがある状態で仕事を続けることができるのか

スポンサーリンク

リウマチは治療せず放置するとかなり進行の早い病気で、特に中高年層の女性に多い病気といわれています。治療しないで置けば2年程度で関節が破壊、利用出来なくなるともいわれているため日常生活にも支障をきたす可能性があります。リウマチという病気を持ちながら、仕事を続ける意思を持っている方はどのような治療を考えていけばいいでしょう。

 

【リウマチの特徴として痛みがある】
この病気の代表的な特徴として痛みが激しいという症状があります。手、指、肘などの関節に炎症が起こり、そのことが原因となって組織が破壊されていく病気です。非常に厄介な病気で中高年の女性に多いという特徴がありますが、最近はこの病気についてのお薬などもいいものができているので、進行を緩やかにする、痛みをコントロールすることが可能となっています。

 

早期に発見し早期の段階で治療するという事が最も重要で、放置すれば2年程度で症状がどんどん進み関節の破壊が進んでしまいます。そのため、こうした話を聞くと、仕事を続けることが出来ないのかもしれないと思う方もいます。

 

人によってリウマチの症状の出方などに違いがあるので、一概に、仕事を続けることができると断言することはできませんし、完治できる治療方法があるという事でもないのですが、効果的なお薬を症状に合わせて利用する事で仕事を続けることが出来ている方もいます。

スポンサーリンク

【リウマチの治療中でも仕事を続たい方がいる】
リウマチとなって、痛みなどの症状があっても経済的な理由から仕事を続けるという選択をさせる方も多く、医師はこうした話を聞けば、リウマチの痛みのコントロールまた関節の破壊の進行が緩やかになるよう、しっかり相談に乗りながら治療をしてくれるはずです。医師の指示に従いリウマチの治療を行いながら痛みなどを細かくコントロールすることで、業務を続けることは不可能ではありません。

 

理想としては痛みを和らげるためにも患部に負担をかけないほうがいいのですが、仕事を続けるという意思がある方は医師とよく相談しながらお薬など治療を考えていきましょう。

 

日々、症状が進行していくなどかなり進行が早いという方もいて、仕事を続けることがこの先出来なくなるかもしれないという不安の中、今頑張っておられる患者さんは非常に多いです。医師の指示に従い、痛みのコントロールなどを行いながら、仕事をどのように続けることができるのか、しっかりと考えていきましょう。

スポンサーリンク