リウマチのリハビリの方法や注意点

リウマチのリハビリの方法や注意点

スポンサーリンク

 

一旦リウマチという症状を発症したあとは日々治療にあたりますが、同時にリハビリにも邁進することとなるはずです。
しかし、そのリハビリに関しても注意しておきたいポイントがありますので、その点を覚えておきましょう。

 

 

【リウマチの運動療法に関する注意点】

 

リウマチという疾患は医薬品による治療が進められていきますが、骨や間接に関する症状であることから、ある程度の時期に入ったあとはリハビリをおこなうこととなります。
しかし、この点に関しては注意点がいくつかありますので、その存在を忘れないようにしましょう。
具体的な注意点のひとつと言えるのがリハビリをおこなう時期です。

 

 

【注意点のひとつが始める時期】

 

リウマチには急性期と慢性期があります。
そして、急性期のリウマチではそこまで多くのリハビリをおこないません。
無論、この時期におこなえることもありますが、多くは慢性期に入ってからおこなうこととなります。
そのため、焦ってしまって時期を勝手に早めるようなことはご法度と言われています。
日常生活を取り戻したいと考えて早い時期から身体に負担をかけることはやめておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【時期を間違えると悪化させることも】

 

リウマチ治療を進めていく中でリハビリは重要な行為ですが、そこには注意点もあります。
回復したいとの思いは誰しも強く抱くものですが、そのために急いで運動などを始めてしまうとかえって症状を悪化させることもあります。
また、ほかの人がおこなっているからといって真似するのもやめましょう。
この点も注意点のひとつと言えますが症状には個人差があるため、同じ年月が流れたからといってリハビリ内容もまったく同じというわけではないのです。

 

 

【リハビリのメニューは医師と決める】

 

リハビリをいつ始めるか、さらにはどのようなメニューでおこなうのかなど詳細に関しては医師と相談の上で決めていきましょう。
運動療法と呼ばれるものがあり、自宅でもおこなうことができるメニューも多数あります。
しかし、その中からどのようなものをおこなうかは医師と決める必要があるのです。
また、やり方もしっかり学び、間違った動かし方をしないということも注意点のひとつとなります。

 

 

リウマチには様々な運動療法があり、これをおこなうことで日常生活を取り戻せるとも言われています。
しかし、その内容は医師と相談して正しく行動しましょう。

 

スポンサーリンク