リウマチ 因子 数値

リウマチ因子の数値、これによってわかる事

スポンサーリンク

リウマチ因子の数値は確実にリウマチと診断する要素とはなりませんが、病気の特定を行う際、大きな指標となるものです。この数値が高いことでほかの病気のリスクもわかってきます。原因が解明されていない病気だからこそしっかり検査を行い治療を行っていくことが求められます。

 

【因子の事を理解しよう】
このリウマチ因子というのは自己抗体と呼ばれるもので、IgGに対する自己抗体を表しています。リウマトイド因子というのが正式名称で関節リウマチの患者さんの80%に見られるといことで、リウマチ因子と呼ばれます。血液検査で80%くらいが因子を持っているという事になるのですが、因子がない、陰性という方でもこの病気を発症される方がいるため、この病気の決定的診断要素となる事はありません。

 

この病気の診断についてはこの因子の数値、またそのほかの検査の数値などを総合的に判断するもので、因子の数値が高いからといって即この病気になるのだ考えることはありません。

スポンサーリンク

【数値の正常値】
この測定することで正常値かどうかを確認すれば、この病気なのかどうかという診断の指標となりますが、総合的な判断が必要なのでその他複数の検査を行う事が必要です。陽性の中でも炎症反応が活発となっている可能性があるという場合、300mg/dl以上です。すでに発症している可能性がある場合、100mg/dl以上です。関節リウマチの可能性が検討されるという場合、40mg/dl以上となっています。正常値は19mg/dl以下とされています。これが陰性です。

 

ただ陰性であってもリウマチになる方はいますので、やはり複数の他の検査を行い総合的に判断することが必要となります。

 

病気の診断をする際大切な検査の一つとなります。この数値のみでこの病気を確定することにはなりませんが、この病気を患っている人の多くに向上が見られるという事がわかっています。リウマチの治療を行う上で大切な検査の一つです。

スポンサーリンク